人工毛の結び方について

 

3D plusの最大の特徴は、ヘアデザインとお客様のニーズに合った結び方や人工毛の質感を選択できる点です。

両方の特徴を理解していただいた上で、より最善の選択をしていただくことで、理想のヘアデザインへと導くことができます。

まず結び方についてです。「固定式」と「リペア式」の2種類からお選びいただけます。

 

<固定式の特徴>

エクステのループの中に地毛を通し、エクステと地毛を一緒に結ぶタイプ。

 

メリット▼

①しっかり固定されるので地毛の髪が自然脱毛で抜けない限り取れることはありません。エクステって日々のドライヤーやブラッシングで取れちゃうんじゃないの?と不安に思われる方には特におすすめです。

②短い髪に結べます。3センチ以上あれば結びつけが可能です。こめかみや前髪の短い毛、男性の方などにもご利用いただけます。

デメリット▼

①結び目の位置が固定されるので地毛が伸びてくると一緒に結び目が下がってきます。(下がってきた場合は結び目をカットしたり、専用アイロンでエクステのみを外すことも可能です。個人差はありますが、多くの場合は結び目が下がってきても他の髪の毛に紛れるので、あまり気にはなりません。)

②リペア式と比べるとわずかに結び目が大きくなります。
本当にわずかな差ですが、手触り、見た目両方において非常に繊細な仕上がりを求める方にはリペア式の方がおすすめです。(使用するエクステが4本ループになっているものと2本ループになっているものがあり、2本ループを使用した場合には固定式の結び方においてもリペア式と同等に結び目を目立たせなくすることが可能です。ただし2本ループを使用して同じ本数を付けた場合、4本ループ使用時に比べ料金は倍になります。)

 

 

<リペア式の特徴>

 

エクステのループを、地毛自体に結び目をつけることによって蓋をして固定するタイプ。

 

メリット▼

①地毛が伸びてきた時に、結び目を根元にもう一度戻すこと(リペア)が可能です。リペアを行うことによりもう一度ボリュームアップさせることができます。(ただし自然脱毛により減る分もあるので、最初に付けた時と完全に同じ状態になるわけではありません。)それによってメンテナンスにかかる費用が抑えられます。

②同じループを使用して比べた場合において、固定式に比べわずかに結び目が小さいです。本当に結び目を目立たせたくない方におすすめです。

デメリット▼

①固定式と比べると、過度な力や普段お使いのシャンプー剤などによって取れやす場合があります。(正しいお手入れをしていただければすぐに取れるわけではありません。)

②結び付けるために7センチ以上の髪の長さが必要です。それ以下の長さの方は固定式になります。

『3D plus』

2019年3/6(水)〜スタート。ご予約は受付中です。
理想のヘアデザインの実現や、日々のお悩み解消に是非ご活用下さい。

初回は最低400本〜最高600本で時間は2時間半〜3時間ほど。
料金はシャンプーブロー込で2,2680円〜32,400円。
(お選びいただく毛質によっては最高で35,640円となります。)

お電話でのご相談やサロンでのカウンセリングも行っておりますのでお気軽にお尋ね下さい。