『誰だってあるねん、熱くなる瞬間!』Vol.4緒方椋

誰にだってある、熱くなる瞬間

美容師にとって熱くなる瞬間てどんな時だろう?
今回もESPER一暑がりな浅野がスタッフに突撃インタビューです。
第4回は、緒方さんです。

緒方さんにとって、熱くなる瞬間はいつですか?

(緒)もう全部っす。そんなの当たり前じゃないですか!

さすが緒方さん、もう少し詳しく聞かせてください。

(緒)そのまんまの意味ですよ。全部っす!シャンプーもトリートメントもブローも最近入れるようになったカラーも本当に全部が楽しいんす!

例えばシャンプーだとどんな感じですか?

(緒)シャンプーだったら、カウンセリングの時とかに「この方きっと疲れているな」って、雰囲気だったり会話の内容でわかるじゃないですか。そう感じたら燃えてきます。いつもシャンプーやスパは「絶対この人に気持ち良かったって言ってもらうっ!」「この凝った頭をめちゃくちゃほぐしたるっ!」って気持ちでやってるんです。日々ストレス社会で闘う皆様にはそれが必要なんです。シャンプーとかスパ中に、気持ちよくてお客様がウトウトし始めたら心の中でガッツポーズっす。

そもそも緒方さんは、なぜ美容師を目指したんですか?

(緒)誰かの役に立ちたいんっす!美容師だったら自分の技術でそれができるじゃないっすか、だから全部もっと上手くならないとだめだから、熱くなる瞬間って全部なんです!

オォ、熱い…緒方さんらしいです。

(緒)いや、まだまだっす。後輩ができてから、責任も増えたしもっと成長しなきゃいけないんっす。

最近は緒方さんのシャンプーを指名されるお客様もたくさんいらっしゃいますね。

(緒)いやー、もう感謝っす。こんな俺なんかに、とってもありがたくて嬉しいっす。今は、また指名し続けて頂けるように、そしてもっと沢山の方に指名してもらえるように頑張るだけっす。最近思うんっす、美容師って頑張ればきちんと結果も出るし、評価もされるそれが直接お客様からも評価してもらえるから、わかりやすいし、やりがいにつながる!あー、はやくもっと上手くなりたいっす。

では最後にもう一度聞かせてください。緒方さんの熱くなる瞬間はいつですか?

(緒方)全部っす!もう常にですよ!

ありがとうございます。

わざわざカラーの試験に受かるまで、カラーをせずに待っててくださったお客様もいるくらい、沢山の方に応援されてる緒方さん。

じわじわとファンが着き始めてきた、自身のコーディネートをアップするOGAwearからも目がはなせません。

残り5人、ESPERスタッフの“熱くなる瞬間”をまだまだお届けします。

緒方 椋  Ryo Ogata

Assistant/ ヘアライフプランナー ヘアソムリエ

メンズアシスタントとして、男性ならではの力強いシャンプーと、マッサージがお客様に好評。サロン全体を見渡し細かな心配りや、丁寧なサービスでお客様の滞在時間をより快適な時間にしていただけるように日々活躍中。